2019.12.27

後藤晴菜アナ×佐藤俊が教える
「知れば面白くなる箱根駅伝観戦のツボ」

  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

箱根駅伝当日はレース直前のリポートを担当する後藤晴菜アナ佐藤 前田監督はすごく真面目な方で、学級委員長のようなイメージがあります(笑)。出雲の時も、表彰式が終わって、早々にいなくなったんです。どこに行ったのかと思ったら、「もうひとつの出雲駅伝」と言われている記録会に顔を出していました。

後藤 優勝しても次のことをしっかり見据えていたのですね。前田監督のひたむきさがうかがえます。

佐藤 ちなみに今回、箱根当日はどこを担当されるとか決まっているのですか。

後藤 今回は当日の直前番組で、レース直前のリポートを担当します。直前の緊張感をお伝えし、当日のメンバー変更などをリポートするのが主な役割です。

佐藤 往路は大手町、復路は芦ノ湖湖畔からということですね。

後藤 そうです。朝7時からぜひご覧ください。

佐藤 今日は本当にありがとうございました。

後藤 ありがとうございました!

おわり

Profile
後藤晴菜(ごとう・はるな)
1990年4月12日生まれ。愛知県出身。A型。趣味:飛行機を見ること。乗ること。特技:ピアノを弾くこと。好きな言葉・座右の銘:一点集中・全面展開

『Going! Sports&News』の公式HPはこちら>>
『Going! Sports&News』のTwitterはこちら>>

佐藤俊(さとう・しゅん)
1963年、北海道生まれ。青山学院大経営学部卒業後、出版社を経て93年フリーランスとして独立。サッカーW杯は98年フランス大会から、五輪は96年アトランタ大会から現地取材を継続中。サッカー、陸上などのスポーツをはじめとするノンフィクションをメインに執筆する。著書に『中村俊輔 リスタート』(文藝春秋)『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)など多数。近著に『箱根奪取 東海大・スピード世代 結実のとき』(集英社)がある。

 『箱根奪取 東海大・スピード世代 結実のとき』

【発売日】2019年10月4日

【発行】集英社

【定価】1,300円(本体)+税

【内容】2019年1月3日──。 往路2位から復路8区の大逆転劇で みごと箱根駅伝初優勝を飾った東海大学。 その“栄光”にいたる道程にあった苦難や葛藤、 当日のレース模様などを 監督、コーチ、選手たちの証言を交えて 鮮やかに描き出す。

そして、「黄金世代」と呼ばれて輝きを放ってきた 現4年生たちが迎える学生最後のシーズン。彼らはどのような決意で箱根連覇に挑むのか。 出雲・全日本も含む3冠獲得を目指し、東海大学の「黄金世代」が駅伝シーズンに向け、再び走り出す 。

購入はこちらから>>

電子書籍版はこちらから>>

関連記事