2017.11.03

全日本大学駅伝で東海大Vの
カギを握るのは「出雲を外された4年生」

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun

 出雲の悔しさを晴らしたい気持ちが強いだろうが、川端ら4年生が考えた目標「打倒・青山学院」を実現し、「箱根駅伝優勝」につなげるためにも全日本は勝たなくてはならないレースだ。

「相手(青学大)のことはいつも視野に入っていますし、どんなレースでも相手に負けない気持ちでやってきました。出雲では勝ちましたけど、まだひとつ獲っただけ。次も勝ってこそ強さが認められる。必要以上に相手を恐れず、自分たちの力を出せば勝てるという自信をみんな持っているんで、その力を出し切れれば結果がついてくると思います」

 もうひとつ、川端には打ち破るべきものがあった。

「1年の時のイメージがすごく強いんですよ。よく、あの頃の走りは......とか、あの頃は強かったなぁと言われて、それって結構つらいし、カチンときます。ただ、結果が出ていないので何も言えない。でも、1年の時の走りを超えずして大学生活を終えることはできない。これは絶対に越えないといけない壁だと思っています」

 その壁を全日本で打ち破ることができれば、東海大勝利の確率は一段と上がるだろう。あとは、本番までコンディションを整えられるのかどうか。昨年は大会直前に体調不良の選手が出て、予定していたオーダーが組めず、川端自身もレース2日前に区間変更を余儀なくされ、8位と惨敗した。

「昨年は合宿で移動してから風邪をひいたりしてボロボロだったんで、それだけが一番怖い。今、細心の注意を払っていますが、油断はできません。全日本では誰ひとり欠けることなくスタートラインに立てれば、自分たちは勝てる。個人的には、ここから自分の出番やなって思っています」

 出雲駅伝では4年生がひとりも走れなかったが、全日本では4年生が、そして川端が駅伝を走る。

 いよいよ真打ちの登場である。

(つづく)

◆東海大・駅伝戦記 記事一覧>>

■陸上 記事一覧>>

関連記事