2019.04.09

羽生結弦の好敵手。ネイサン・チェンは
さらに成長する可能性を秘める

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

300点超えで世界選手権を制したネイサン・チェン 世界選手権で優勝したネイサン・チェン(アメリカ)は、昨年アメリカの名門イェール大学に進学し、現在は大学の施設と大学近くのリンクを拠点に練習をしている。また、「授業の合間を縫って、ラファエル・アルトゥニアンコーチの指導も引き続き受けている」という。

 今シーズン前半は、そんな環境の変化に慣れていないようで、グランプリ(GP)シリーズでファイナルまで3連勝を果たしたものの、なかなか本来の滑りができず、得点は270~280点台前半と伸び悩んでいた。

 ところが、年が明けると本領を発揮し始めた。

「今シーズンは私の競技人生の中でも一番気に入っています。学生生活とスケートのふたつをこなすことに慣れるまで少し時間がかかりましたが、今はそれを両立できることがわかって安心しています。大学の寮で生活をしていますが、いつも賑やかで、同じ寮の学生とスケート以外のことも話せるし、イェール大は食堂の料理がおいしいのもメリットです」

 現在の生活についてこう話すチェンは、全米選手権で見事な滑りを披露した。1月26日のショートプログラム(SP)は、4回転フリップと4回転トーループ+3回転トーループを4.40点と4.75点の加点をもらう完璧な出来。さらに、スピンもステップもレベル4にして113.42点を獲得した。翌日のフリーでは、3種類4本の4回転を成功させ、ジャッジがGOE(出来ばえ点)で5と4を並べるなど、こちらも完璧な滑りで228.80点を獲得し、合計を342.22点に伸ばした。

 これは国内大会だったため、ISU(国際スケート連盟)公認の得点ではなかったが、国際大会で高得点を出せる可能性があることを示す結果だった。そして、チェンはそれを最高峰の舞台である世界選手権で証明した。

 全米選手権後、チェンはインフルエンザに罹患してしまい、なかなか咳が止まらなかったため、トレーニングスケジュールを変更して、日本での世界選手権に臨むことになった。

 それでも、チェンはSPですべての要素をノーミスで滑って107.40点を獲得。ミスをして94.87点と出遅れた羽生結弦に12.53点差をつけて首位に立った。