2017.11.14

絶対女王メドベデワに小さな「異変」。
五輪について頑なに口を閉ざす

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「どうしてフリー冒頭のジャンプを失敗したのか」と質問されると、核心を外して、自分の言いたいことをこう語っている。

「私の目標は常にベストを尽くすことで、結果だけではないと思っています。一番大切にしているのは自分の魂のために滑ることです。プログラムが終わった瞬間に、自分が満たされているか。自分がベストを尽くして、いまここで出せる力を全部出し切って、氷を下りたときにいい演技だったから、すごくいい気持ちになれるかどうかが大事だと思います。ですから、いかにクリーンなプログラムをこなすことが大事かと、常日頃から思っています。

 もっともっとできるんだとみなさんが思ってくれるんだと思うんですね。クリーンなプログラムができてこそ、お客さんはひとつひとつのエレメンツがどうだとかではなく、自分のプログラム全体のイメージに身を委ねてプログラムに没頭してくださいます。自分がミスを犯して関心がミスのほうにいき、『なんであれを間違えたのかしら?』『エレメンツを落としたのかしら?』と考えられてしまうと、私が伝えたいプログラムのイメージにとってはよくないと思っています」