2017.10.28

宇野昌磨、アドレナリン出すぎ、
体動きすぎ、ジャンプ回りすぎで首位

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 来年2月の平昌五輪を目標にしつつ、その先も見据える次代のエース、宇野昌磨は10月27日、カナダのレジャイナで行なわれたスケートカナダのショートプログラム(SP)で、ただひとり100点台の103.62点を出して首位発進。五輪シーズンのグランプリ(GP)シリーズ初戦で好スタートを切った。

スケートカナダのSPで首位発進した宇野昌磨

「すごくいい調整ができました。6分間練習では体が動きすぎて、ジャンプが回りすぎてどうしようという感じで、ヤバイヤバイと笑顔で言いながら楽しく滑れていたのでよかったかなと。今日は、自分の力がちゃんと出せたと思います。(連続ジャンプの)3回転トーループが2回転になりましたけど、許容範囲だったかな。自分(の状態)をよく知って、いい対応ができた」

 大会会場入りは開幕1週間前の20日。苦手の時差調整にしっかり取り組み、SP前日の朝の公式練習には「よく寝すぎてしまった」とバッチリ寝癖のついたヘアスタイルでリンクに現れるなど、コンディションは万全の状態だった。

 この日のSPでは、大トリの最終滑走で登場。冒頭の4回転フリップを鮮やかに成功させて波に乗った19歳は、動きに勢いがあった。ミスも連続ジャンプの2本目を3回転から2回転にあえてするなどで最小限にとどめ、続くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は2.43点のGOE(出来映え)加点がつくほど美しいジャンプを決めた。