2013.02.11

羽生結弦、四大陸選手権は次につながる貴重な敗戦

  • 折山淑美●文・取材 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 羽生がこう言うように、指導するブライアン・オーサーコーチも不安な表情は見せない。

「トレーニングでの調子もよくなっているし、安定した演技を見せていたので、今回、平均的な演技より下だったのはビックリしている。ただし、決して悲惨な結果ではない。今は3月の世界選手権に照準を合わせているので、今大会にベストコンディションで臨んだわけではない。彼が強いのはわかっているから、ピークを合わせていくだけだ」 

 さらにオーサーコーチは「選手たちは改善点を見つけながら成長していくもの。もしこの大会で彼がSPもフリーも完璧な演技をしていたら、逆に世界選手権へ向けて心配になったところだ」と言って笑顔も見せた。

 ノープレッシャーで4回転を3回決めたレイノルズの後塵を拝する結果になった四大陸選手権の日本勢。この結果は世界選手権へ向けて気持ちを引き締めるうえでは、貴重な敗戦だったといえる。

関連記事