2017.09.16

井上尚弥でさらに大注目。
米国リングで日本人ボクサーの評価が急上昇

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • 山口裕朗/アフロ●撮影 photo by AFLO

 日本が生んだ”モンスター”の米国デビューは大成功に終わった。9月9日、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)が、ロサンゼルスでアントニオ・ニエベス(プエルトリコ)を6ラウンド終了TKOで下して、6度目の防衛を果たした。

米国デビュー戦を圧勝で飾った井上 ここしばらくのうちに、米リングで存在感を示した日本人ボクサーは井上だけではない。7月には元WBC世界スーパーフェザー級王者の三浦隆司(帝拳)、8月にはスーパーウェルター級の亀海喜寛(かめがい よしひろ/帝拳)が、同じくLAのリングに登場している。彼らの試合はすべて、プレミアケーブル局の『HBO』によって米国内でも生中継された。

 アメリカでは”最大級のブランド”として確立しているHBO に試合を中継されることは、ボクサーにとってのステイタスだ。そんな大舞台に、先日の井上を含め、3カ月連続で日本人が立ったことになる。

 また、スポーツチャンネルとして絶大な影響力を持つ『ESPN』は、日本で行なわれる村田諒太(帝拳)の試合中継に興味を持っているという。8月下旬、アメリカでの村田のプロモーターを務めるトップランク社のボブ・アラム氏はこう語った。

「10月22日のアッサン・エンダム(フランス)vs村田戦が、アメリカ国内でもESPNのチャンネルのうちのどれかで放送されることを願っています。村田が勝った場合、アメリカで防衛戦を行ないたい。その試合は、ESPNで全米中継となるでしょう」