2020.02.07

F1若手で一番速いのは誰だ。
日本人ドライバー誕生も目前に迫っている

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)


 鈴鹿サーキットのコースデザインをアドバイスしたジョン・フーゲンホルツが支配人を務めていたサーキットだけに、コーナーの形状や地形アップダウンの生かし方など、似た部分もある。今回の改修では、最終コーナーにはインディアナポリス以上の急傾斜が付けられるなど、F1マシンのダイナミックな走りが見られそうだ。

(9)F1世界選手権70周年でスペシャルイベント目白押し?

 1950年に始まったF1世界選手権が、今年で70周年を迎える。

 F1はすでに70周年記念ロゴを公開し、各所にこれを使ってアピールを始めている。シーズンを通して70年を祝うイベントを展開していくとのことで、どんな趣向が凝らされるのか楽しみだ。

 60周年を迎えた2010年には、開幕戦に15台を超える過去の名車が集められてデモ走行が行なわれた。だが、70周年の今年はそういったイベントにはならないかもしれない。

 現在F1を所有するリバティメディアは、過去の栄光を大切にしながらもそれを称賛するだけではなく、未来の可能性を感じさせるものにしたいとしている。