2015.05.13

【F1】「ここからダッシュ」。マクラーレン・ホンダに入賞の現実味

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

「レースは僕らの予想通りの展開だったし、9位を目指して戦っていた。つまり、今日は初めてのポイントを獲れたはずだったんだ」

 地元スペインGPを26周でリタイアしなければならなかったフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、そう言った。

 確かにFP-2(フリー走行2回目)では7番手のタイムを記録し、決勝では誰よりも長く21周目まで最初のタイヤを保たせて後半の追い上げが期待された。その後、リアブレーキが効かなくなり、緊急ピットストップに向かったが、ピットで止まりきれずにそのままリタイア。どうやら誰かの捨てバイザー(ヘルメットのバイザーのフィルター)がリアブレーキの冷却ダクトに挟まり、過熱したことでブレーキが不調をきたしてしまったようだ。

スペインGPではアロンソ(写真先頭)がリタイア、バトン(2台目)が16位完走に終わったマクラーレン・ホンダ「最後はほとんどブレーキがない状態でピットに戻ってきたんだ。1コーナーで『チェックのためピットに戻れ』と言われたから、かなり慎重に走った。僕自身、恐かったよ。誰もケガをしなくてよかった」

 9位になるためには、予選で速さを見せたトロロッソ勢の前に行かなければならなかった。上位が自滅せず、18台が完走したスペインGPで、入賞は本当に可能だったのか。それともアロンソのリップサービスだったのか……。サングラスで覆われた彼の目から真意をうかがい知ることはできなかった。

 しかし、前戦バーレーンGPよりも現実的にポイント争いができる位置でマクラーレン・ホンダがレースをしたことは事実だ。

 スペインGPは欧州ラウンド初戦であり、9月までヨーロッパでのレースが続く。それゆえ、ここからが本格的なシーズンの始まりと捉えているチームも多く、このタイミングで大型のアップデートを準備するチームが多い。