2018.12.08

阪神JF、穴党記者の推しメン3頭。
データに乏しい2歳戦こそ現場を頼れ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 今週のメインレースは、2歳牝馬の”女王決定戦”となるGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月9日/阪神・芝1600m)。そう聞くと、「今年も残すところ、あとわずかなんだなぁ……」と、しみじみ思ってしまう。

 それはそれとして、ここ数年と同じく、今年も2歳牝馬戦線は「精鋭ぞろい」と評判だ。ゆえに、今回の阪神JFも注目の一戦となるが、もっとも評価が高いグランアレグリアが次週のGI朝日杯フューチュリティS(12月16日/阪神・芝1600m)に向かうことになったうえ、未対戦の面々が数多くいるため、”荒れる”結果も予想される。

 前走で重賞を制したダノンファンタジーとシェーングランツが本命視されているが、ともに3戦2勝で、初戦は敗戦を喫している。その分、付け入る隙があると見られて、余計に波乱ムードが高まっている。

デイリー杯2歳Sで2着と健闘したメイショウショウブ そうした状況にあって、日刊スポーツの太田尚樹記者は、4戦1勝のメイショウショウブを推奨する。その戦績だけ見るとパッとしないが、未勝利を勝って臨んだ前走のGIIデイリー杯2歳S(11月10日/京都・芝1600m)では、牡馬相手に僅差の2着と好走している。