2017.02.13

わずか250万円の馬がクラシックの
主役に。ブレスジャーニーの雑草魂

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

「1月下旬に戻ってきてから、実はまだ満足な調教ができてないんですよね。もともと右後脚のトモ(腰から脚の付け根にあたる)に弱さのある馬なんですが、それも良化してこないようで......。今後、どこまで調整が進むか、注視すべきでしょう」

 ブレスジャーニーは、これまで左回りの東京競馬場しか経験していない。それは、弱点である右トモに疲れがたまりやすい、右回りのレースを避けてきたからだった。そのような体の弱さをなくしたいところだったが、むしろここにきてその不安が広がりつつあるのかもしれない。

 とはいえ、わずか250万円で取引された馬が、高額馬を蹴散らして世代の頂点に立つ姿をぜひとも見てみたい。さまざまな困難を打ち破ってきたブレスジャーニーなら、きっと底力を見せるはずだ。春のクラシックで、"雑草魂"が輝くことを期待したい。

■競馬 記事一覧>>