2015.01.31

【競馬】根岸Sは地方馬サトノタイガーの「大駆け」に期待

 その武豊騎手が今回、ワイドバッハ(牡6歳)の手綱をとります。

 コパノリッキーというお手馬を確保していますが、根岸Sの結果によってフェブラリーSでの騎乗馬を決めると思います。そういう意味では、結果はもちろんのこと、コパノリッキーを負かせるだけのものがワイドバッハから見出せるか、というレースをするはずです。それは、決して簡単なことではありませんが、武豊騎手がその能力を推し量る騎乗をするという点において、ワイドバッハの走りには注目です。

 ワイドバッハ自身、昨春の欅S(5月31日)で2着、昨秋のエルコンドルパサーメモリアル(10月13日)では1着と、今回と同じ舞台となる東京・ダート1400mを得意としています。追い込み馬ゆえ、直線の長いコースが合っていることは確かですが、冒頭で触れたとおり、流れが速くなりやすい1400m戦というのが、この馬の脚質にはまっているのだと思います。

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」には、地方競馬所属のサトノタイガー(牡7歳)を取り上げたいと思います。

地方競馬に移籍して本格化したサトノタイガー。 サトノタイガーはもともとJRA所属でした。それが昨春、地方競馬の南関東・浦和に転厩しました。

 転厩後は、ダート競馬でも好走を続けていました。相手が弱いこともあったと思うのですが、昨秋の交流重賞・東京盃(10月1日/大井・ダート1200m)では、JRA所属馬相手にも善戦。勝ち馬ノーザリーバー(牡7歳)とはコンマ9秒差の6着と健闘しました。

 さらに、続く交流GI・JBCスプリント(盛岡・ダート1200m)では、勝ったドリームバレンチノ(牡8歳)に際どく迫る2着。それも、これまでの逃げるスタイルとは違う、控えて差す競馬をしてのもの。またひとつ成長した姿を見せて、「これは馬が変わってきたな」と思いましたね。

 そして圧巻だったのは、中央競馬の舞台に挑んだ前走のカペラS(12月14日/中山・ダート1200m)。テンに置かれて終始後方からの競馬でしたが、直線に入って大外から追い込んで2着。勝ち馬には差をつけられたものの、混戦の2着争いを制した切れ味は光っていました。6歳の冬を迎えて、いよいよ本格化した印象でした。よほど浦和の水(馬場や環境)が合うのでしょう。

 そもそも社台ファームの初期を支えた繁殖牝馬の系譜を継ぐサトノタイガー。走る下地は十分にありました。鞍上は、引き続き南関東のトップジョッキー御神本訓史騎手が務めます。東京の長い直線でどこまで伸びてくるのか、地方競馬に移籍して再浮上したサトノタイガーの”大駆け”に期待が募ります。

サトノタイガーの他にもいるぞ衝撃穴馬!
根岸Sで100万馬券を狙う3連単買い目を無料公開!!