2014.01.18

【競馬】京成杯は「大器」アデイインザライフが突き抜ける!?

 デビュー戦(新馬戦。12月22日/中山・芝2000m)は、昨年末の有馬記念が開催された日でした。馬体重が550kgほどの大型馬ですから、「結果が出るのは、レースを1回使ってからかな」と思っていたのですが、そんな心配をよそに圧巻のレースぶりで勝利を飾りました。

 2枠3番のゲートからスタートすると、外の馬に寄せられて内に押しやられ、仕方がなく後方からの競馬となりました。普通、新馬戦でこういった“トラブル”があると、その後、馬が落ち着いてレースに集中できずに惨敗してしまうことが多くあります。

 しかしアデイインザライフは、そんなトラブルにはまったく動じないで、まるで古馬のように折り合って快走。向こう正面で外に出されると、3コーナーから4コーナーにかけて大外をまくっていって、直線では一切追われることなく、突き抜けていきました。追うところなく勝った馬が実際に追って伸びるかは未知数ですが、鞍上の動きを見ると「いつでも弾ける」という手応えを持っているように見えました。

 勝ち時計(2分5秒6)は、同じ日、同じ舞台で行なわれたオープンのホープフルS(2分2秒0)より3秒以上遅かったのですが、アデイインザライフが記録した上がり3ハロン(600m)の数字は驚異的でした。35秒3と、出走馬唯一の35秒台でした(次位が36秒0)。それも、大外を回っていること、目いっぱい追われていないこと、さらに大型馬のデビュー戦ということを踏まえれば、次元が違うと言わざるを得ません。

 超大型馬の2戦目というだけで、上積みは十分です。まして、新馬勝ちした舞台で、鞍上も名手です。期待は膨らむばかりですね。

まだまだいるゾ!
大西直宏も認めたクラシック戦線の超新星を今すぐ無料で教えます!