2017.10.18

スイング動画をアップした
タイガー・ウッズの胸中。復帰への一歩か?

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 そんなウッズが、久しぶりに公の場に姿を現したのが、先のプレジデンツカップ。米国選抜のアシスタントキャプテンとして大会に参加した。

プレジデンツカップで米国選抜のアシスタントキャプテンを務めたタイガー・ウッズ(右) 彼がトーナメント会場に登場すると、チームのメンバーの誰よりも大きな声援がファンから飛んできた。開幕前の公式会見においても、大会やチーム状況のことよりも、ウッズへの質問が集中。現状についての問いかけが、記者たちから矢継ぎ早に飛んだ。

 それに対して、ウッズはジョークを交えてこう話した。

「(体のほうは)順調に回復している。あとは、ドクターの指示に従って、次のステップに進むだけ。今は60ヤード打てるようになった。しかも、真っ直ぐ(ボールが)飛んだ(笑)」

 しかし、「今後、ツアー競技に復帰しないという可能性もあるか?」と聞かれると、ウッズはこう答えた。

「もちろん、そういう可能性はある。未来はいつだって不確定なものだ」

 ツアーに復帰しない可能性を、ウッズは明確に否定しなかった。おかげで、その直後には「ウッズ、復帰できない可能性もあり!」と、各メディアで大々的に報道されてしまった。

 そういう意味では、今回の”フルスイング”動画は、次のステップへと進んだことを発表し、「まだまだ復帰は諦めていない」というウッズなりの意思表示だったわけだ。