2020.06.04

「メッシ専用」のパスを出す。
バルセロナにブスケツが不可欠な理由

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカースターの技術・戦術解剖
第11回 セルヒオ・ブスケツ

<バルセロナのボス>

 4-3-3システムの中盤の底、アンカー、ピボーテ……このポジションの第一人者がセルヒオ・ブスケツだ。

パスをつなぐバルセロナの中心としてプレーするブスケツ ブスケツは、バルセロナにおける典型的な「クワトロ」(数字の4)である。

 ヨハン・クライフが監督に就任した時に確立されたポジションで、「4」はポジション番号制の時の背番号だ。クライフの母国であるオランダは、DFの右から順番に番号を振っていく習慣があり、4番は4バックの左側のセンターバック(CB)の背番号だった。

 ところが、バルセロナでは3-4-3を採用していたため、この4番のポジションが上がって中盤の底のポジション番号になった。この時、クライフ監督は「もっとも重要なポジション」と言う4番に、ジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)を抜擢している。

 グアルディオラは、当時このポジションをやれるような選手とは見られていなかった。ディフェンスラインの前でボールを刈り取る役割を果たすには、華奢すぎると思われていたのだ。