2019.01.09

香川真司が移籍について改めて言及。
「決まると信じて準備している」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 2019年に入り、ウィンターブレイク中のドイツの各クラブは、それぞれのキャンプ地に入った。中東に行くクラブもあれば、アフリカに行くクラブもあるなか、ドルトムントは恒例となっているスペインの避寒地・マルベージャでトレーニングを開始している。スペインリーグへの移籍願望を表明している香川真司も、ひとまずドルトムントでキャンプインしている。

 香川にとって、スペインでプレーするというのは特別なことのようだ。年始には、改めてこんな話をしている。

スペインで行われているドルトムントのキャンプに合流した香川真司「ほんとに小さい頃からの夢ですし、それは常々変わりはないので、成し遂げないといけないと思っています。そこでどう活躍するかは、僕はもうイメージがすでにできています。それを具体化して、ピッチで表現できるために頑張りたいです」

 確かに香川には、セレッソ大阪時代など、夢はバルセロナであるとか、アンドレス・イニエスタが好きであるとか、無邪気に話していた時期がある。トッププレーヤーとしてプレーできる期間はそう長いものではないのだから、どうしても夢を叶えたいという気持ちはあるだろう。だが、一方でこうも語っている。

「代理人など、携わってくれている人たちを信じて、僕は自分に集中したいです。いろいろな雑音だったり、不安な気持ち……もちろん、移籍先が決まるのかっていうのもあると思うんですけど、自分はもう確実に決まると信じていますし、その準備をして、日頃からイメージを抱いて生活しています」