2017.09.29

ネイマール、アウベス大暴れ。
欧州の「国内番長」対決はPSGが完勝

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節、パリ・サンジェルマン(PSG)対バイエルン・ミュンヘンは、3-0という一方的なスコアに終わった。好勝負を期待したこちらには、バイエルンのなんとも言えぬ淡泊な戦いぶりが恨めしく思われた。

バイエルン守備陣を翻弄したネイマールとキリアン・ムバッペ(PSG) 大一番になると、いつもこうだ。バイエルンはCLで同じ種類の過ちを繰り返している。レアル・マドリード(2013~14)、バルセロナ(2014~15)、アトレティコ(2015~16)、レアル・マドリード(2016~17)。決勝トーナメントで敗れた相手はいずれもスペイン勢で、舞台は準決勝と準々決勝だった。いずれも互角、あるいは前評判では上回っていた相手に、敗れ去るというパターンだ。

 国内では断トツナンバーワン。ライバルはいない。そのお山の大将の気分をリセットできず受けて立ち、「アレっ?」となる。こんなハズじゃなかったと焦る。毎度同じ印象を抱かせる格好よくない敗戦を4シーズン続けてきた。その癖が今回も治らなかった。

 PSGも似た境遇にある。昨季こそ国内リーグ2位に終わったが、それまでの4シーズンは連続で優勝。カタールの石油資本をバックに選手をかき集め、欧州の強豪チームに躍り出たものの、最近のCLでの最高位はベスト8だ(23シーズン前にベスト4入りしたことが1度ある)。