2017.05.16

幸福に包まれたエイバル。
レギュラー定着の乾貴士はバルサ戦でゴールを

  • 山本孔一●文 photo by Yamamoto Koichi photo by Getty Images

 リーガエスパニョーラ第37節エイバル対スポルティング・ヒホンの一戦は、ブルギのゴールで0-1とアウェーチームが勝利した。日本人MF乾貴士は先発出場し、77分までプレーしている。

今季はここまで27試合に出場。残すは最終節バルサ戦のみとなった乾貴士 不思議な光景がエイバルの本拠地イプルアで繰り広げられた。主審の試合終了の笛が鳴り響くと、勝利を手にしたはずのスポルティング・ヒホンの選手たちはベンチで涙を流し、駆けつけたサポーター達は頭を抱え沈黙していた。レガネスがアスレティック・ビルバオと引き分けたことから、最終節を待つことなく、18位スポルティングのセグンダ(2部)降格が決まっていたからだ。

 一方、敗れたエイバルには笑顔があった。ホーム最終戦を勝利で飾ることはできなかったものの、目標であったプリメーラ(1部)残留は早々と決めていた。試合終了後には、クラブの規模に見合ったこじんまりとしたセレモニーが行なわれた。3シーズン連続のプリメーラ残留とチームの1年の働きをねぎらう、幸福な空気がそこにはあった。

 小さな花火の花道を通り、ピッチの真ん中に集う選手たち。そしてホセ・ルイス・メンディリバル監督を先頭に、スタンドの拍手に応えながら。紙吹雪が舞ったピッチを一周した。