2021.08.08

「いい選手が揃っているのに」。中村憲剛、佐藤寿人が心配するチームは?

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

中村憲剛×佐藤寿人
第4回「日本サッカー向上委員会」@中編

 1980年生まれの中村憲剛と、1982年生まれの佐藤寿人。2020年シーズンかぎりでユニフォームを脱いだふたりのレジェンドは、現役時代から仲がいい。気の置けない関係だから、彼らが交わすトークは本音ばかりだ。ならば、ふたりに日本サッカーについて語り合ってもらえれば、もっといい未来が見えてくるのではないか。飾らない言葉が飛び交う「日本サッカー向上委員会」、第4回はいよいよ再開するJ1リーグの後半戦の見どころについて語ってもらった。

「第4回@前編」はこちら>>

   ※   ※   ※   ※   ※

気になるチームを語り合う中村憲剛氏と佐藤寿人氏気になるチームを語り合う中村憲剛氏と佐藤寿人氏 この記事に関連する写真を見る ---- 首位を独走する川際フロンターレ以外で、おふたりが気になったチームはありますか?

佐藤 僕は(サガン)鳥栖ですね。最後のところで身体を張る守備もそうですし、若い選手の台頭もある。ほかのクラブではなかなか出場機会が得られなかった選手が信頼されてチャンスを掴んで、自信を持ってプレーしているのも好感が持てます。守備的なスタイルではないのに失点の数も一番少ないですからね。

中村 すごくいいよね。ボールを握って攻めることで、守備の機会を少なくしている。守備も鳥栖本来のハードワークはいまだ健在だし、いいプレーモデルを作っていると思う。

佐藤 GK朴一圭の存在も大きいですね。守備のラインを高くしていても、彼がいるからカバーできる。得点の形も偶発的なものではなくて、しっかりとボールを握りながらチャンスを作り出しているので、今季の躍進は決してフロックではないと思います。

中村 僕は浦和(レッズ)ですね。もともとリカルド・ロドリゲス監督のサッカーを興味深く見てきましたから。最初はちょっと苦しみましたけど、半年経ち、監督のやりたい形ができてきたし、目指すスタイルが打ち出されたゲームも増えている。

 もちろん、ユンカーの加入も大きいと思います。補強も積極的なので、後半戦の注目チームですよ。