2021.07.17

大分トリニータの値千金の決勝ゴールシーン。見事だった長沢駿の囮の動きとは?

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
小林成豪が左を抜け出し、中央の長沢駿はどう動いたか?

 J1第22節の大分トリニータ対浦和レッズ戦は、下位で苦しむホームの大分が1-0で勝利して、貴重な勝点3を手にした。

 今季の大分は第22節を終えて(消化は21試合)4勝4分13敗。最大の課題はリーグで下から2番目の13点という得点力不足だ。これは最下位の横浜FCよりも少ない数字である。

 直近のリーグ5試合でも1勝1分3敗と負け越し、勝利した第17節アビスパ福岡戦以外は1点も取れていなかった。引き分けを挟んでリーグ3連敗と厳しい流れで、ホームに迎えたのが好調の浦和だった。

 今回は、その値千金の決勝点が生まれた、前半12分のシーンをピックアップする。浦和がGK西川周作からビルドアップを開始すると、大分が前からプレスをかけ、西川は右サイドの西大伍へフィードを送る。

左サイドを小林成豪が抜け出す。中央の長沢駿はどう動いたか左サイドを小林成豪が抜け出す。中央の長沢駿はどう動いたか この記事に関連する写真を見る  そのボールを西がヘディングで田中達也へつなごうとするが、大分の三竿雄斗がヘディングでインターセプト。縦に流れたボールは小林成豪へとつながり、小林はそのまま左サイドを抜け出した。

 それを中央で見ていた長沢駿は、次のシーンでどう動いただろうか?