2020.03.10

柏の「仕事人」ヒシャルジソン。
必殺タックルがJ1を席巻する!

  • 中山 淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

2020年シーズン開幕で見つけた
今季要注目のJリーガー(1)
ヒシャルジソン(柏レイソル/MF)

 両チーム合わせて計44本ものシュート数を記録した柏レイソル対コンサドーレ札幌戦は、今季の開幕9カードのなかで最もスペクタクルだった。とりわけ際立った活躍を見せたのが、それぞれ2ゴールをマークした柏のオルンガと江坂任の2人。4-2という打ち合いの試合だっただけに、勝利チームのFW陣がスポットライトを浴びるのは当然だ。

柏レイソル中盤のボールハンター、ヒシャルジソンが活躍しそうだ ただし、その試合で圧倒的な破壊力を見せつけた柏を、陰で支えていたキーマンの存在を見逃すわけにはいかない。札幌のチャンスメーカーであるチャナティップの見張り役を務めながら、相手の攻撃の芽を摘み取り、90分間にわたって広いエリアをカバーし続けたブラジル人MFヒシャルジソンである。

 最大の特長は、驚異的なボール奪取能力と、視野の広さを含めた戦術眼。とりわけ、隙あらば躊躇なく仕掛けるボールホルダーへのスライディングタックルは、”ボールハンター”の異名をとる彼自慢の飛び道具だ。