2019.12.20

トーレスが語る日本サッカー。
Jリーグでお気に入りの日本人選手は?

  • 井川洋一●構成・文 text by Igawa Yoichi
  • 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburo

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

元サガン鳥栖 フェルナンド・トーレス(2)

今年27年目のシーズンを終えたJリーグ。現在は、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになった。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? この連載では、彼らの本音を聞いていく。

◆ ◆ ◆

 スペイン黄金時代の始まりを告げるEURO2008ファイナルで決勝点を決め、その大会の得点王になった。そこから2010年W杯、EURO2012と、史上初のメジャートーナメント3連覇を果たし、チェルシー時代にはチャンピオンズリーグも制している。それが、今年の夏、サガン鳥栖で現役を引退したフェルナンド・トーレスだ。

2019年8月に、日本で現役を引退したフェルナンド・トーレス photo by Kyodo News 長年、世界のトップレベルでプレーし続けてきた彼には、たくさんの強力なライバルがいたはずだ。なかでもとくに印象に残っているのは、こんなディフェンダーたちだという。

「プレミアリーグでプレーしている頃は、マンチェスター・ユナイテッドのネマニャ・ビディッチやリオ・ファーディナンド、チェルシーのジョン・テリーらが手強かった。なかなか自由にさせてもらえなかったよ。僕はキャリアを通じて、よきライバルたちに恵まれた。だからひとりを選ぶのは難しいけれど、どうしてもというなら、バルセロナのカルレス・プジョルだと言おう。

 彼はタフでハードなディフェンダーだけど、フェアな選手でもあったから、いつも清々しい対戦ができた。その頃の僕にとって、プジョルとのマッチアップは大きなモチベーションになっていた。いつも本当に楽しみにしていて、最高の準備をして試合に臨んでいたよ。彼のような難しい相手のマークを振りほどいてゴールを決めることが、最高の喜びだった」