2015.07.23

勇躍サンフレッチェ「浦和を止められるのは、広島だけ」

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 また、2012、2013年のJ1連覇時にはキャプテンとしてチームをけん引した佐藤は、もはや逆転勝利のことなど忘れてしまったかのように厳しい言葉を並べた。

「前半のような試合をしていたら上には行けない。いい薬を得ながらも勝ち点を取れたことはよかったが、勝ったことで(前半の反省が)ボヤけないようにしたい」

 そして、はっきりとこう言い切った。

「自分たちは優勝したいから」

 ファーストステージから通算で今季20試合を終え(ガンバ大阪とサガン鳥栖は21試合消化)、総得点は浦和の42(J1全18クラブ中1位)に対し、広島は41(同2位)。総失点は浦和と広島がともに20(同1位タイ)で完全に並んでいる。順位以外の数字を見ても、広島が浦和と肩を並べる位置につけていることは間違いない。

 厳しい劣勢をはね返し、劇的な逆転勝利を収めた広島が、堂々と打倒・浦和の一番手に名乗りを上げた。

関連記事