2017.11.22

日本はプレッシングを誤解している。
スペインの名将が斬るブラジル戦

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

「前半の日本の戦いを見る限り、各選手に一定の評価を与えられるような出来ではなかった」

 ブラジル戦の感想を、ミケル・エチャリはそう言って端的に語っている。

「チームとして無秩序だった。ブラジルのほうが明らかに格上だというのはあるにせよ、FWとDFのラインが間延びし、自分たちはスペースを有効に使えず、相手にはいいように使われてしまった」

ブラジル戦前半、押し込まれた日本は次々とゴールを破られたブラジル戦前半、押し込まれた日本は次々とゴールを破られた  エチャリの戦術眼はスペイン国内でも高く評価される。FIFA非公認ではあるが、バスク代表を率い、2015年12月にはバルサ中心のカタルーニャ代表をカンプノウで撃破している。その後、多くのクラブがバルサ対策としてエチャリの守備戦術をコピーしたほどだ。

「日本はプレッシングには精力的だったと言うことはできる。だが、プレッシングの捉え方そのものに誤りがあるのだ。気力、体力の問題ではない」

 エチャリの分析は、今回も鋭利だった。

「立ち上がり、日本は高いプレー強度で挑んでいる。まずはブラジルのコンビネーションを崩そうと、敵陣内でプレッシングをかける。それによって、序盤はチャンスを作らせていない。