ラミレスが選ぶWBC侍ジャパン。「1番センターはヌートバー」、先発三本柱はダルビッシュ、大谷翔平と「今永昇太に任せたい」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Getty Images

【チームの大黒柱・村上宗隆を中心にオーダーを組む】

――続いて、"扇の要"となるキャッチャーはいかがでしょう?

ラミレス 報道では中村悠平(ヤクルト)、甲斐拓也(ソフトバンク)、森友哉(オリックス)の名前が挙がっていますが、私もこの3人がいいと思います。スタメンとしてひとりに絞るならば甲斐です。彼がマスクを被って、ピッチャーがある程度クイックができるのならば、相手の足を警戒する必要はなくなります。それはすごく大きいと思いますね。バッティングを考えたら森なのかもしれないけど、私なら甲斐です。

――続いて、内野手を各1名ずつお願いします。

ラミレス まず、「サード・村上宗隆(ヤクルト)」は外せないですね(笑)。もちろん、4番バッターとして。彼は別格として、ポイントはセカンド。山田哲人(ヤクルト)と菊池涼介(広島)がずっと代表メンバーだったけど、世代交代して牧秀悟(DeNA)がいいと思います。個人的に、牧はセ・リーグ、日本球界を代表する打者だと思っていますから。

――サードとセカンドから決まりましたが、ファースト、ショートはどうなりますか?

ラミレス ファーストは山川穂高(西武)か浅村栄斗(楽天)になるのかな? 守備を考えると浅村のほうがいい気もしますが、長打力が魅力で速球に強い山川をファーストで起用したいです。悩むのはショートなんですよ。ずっと坂本勇人(巨人)が出場していたけど、やっぱり今回もそうなる可能性が高そうですね。

――では、外野手3名をお願いします。

ラミレス 外野手は名選手揃いだけれど、真っ先に名前を挙げたいのが吉田正尚(レッドソックス)。そして鈴木誠也(カブス)、3番目には柳田悠岐(ソフトバンク)というところですが......せっかくなので日系人選手のラーズ・ヌートバー(カージナルス)も選びたいんです。映像を見る限りでは足も速いし、守備もいい。1番バッター向きの選手なんですよ。それにしても、本当に悩むなぁ。

――DH枠もあるので、それを考慮に入れるとどうですか?

ラミレス いや、DHはピッチングをしない日の大谷が入りますから。大谷が投げる時は吉田ですかね。仕方ないですが、ひとまず柳田を外すことにします。難しい選択ですよ(笑)。

――では、あらためて「ラミレスジャパン」のスタメンオーダーを発表して下さい。

ラミレス では、発表します!

1番......ヌートバー(センター)

2番......牧秀悟(セカンド)

3番......大谷翔平(DH)

4番......村上宗隆(サード)

5番......鈴木誠也(ライト)

6番......吉田正尚(レフト)

7番......山川穂高(ファースト)

8番......坂本勇人(ショート)

9番......甲斐拓也(キャッチャー)

design by Unno Satorudesign by Unno Satoruこの記事に関連する写真を見る これが、私の選ぶ「ラミレスジャパン」のスターティングオーダーです。とっても強そうですね(笑)。ぜひ、栗山監督には優勝目指して頑張ってほしいです!

(対戦がイヤだった投手:最強助っ人・ラミレスが欠場を直訴。9連続三振を喫したエース、イライラしたスローカーブの使い手も」>>)

【プロフィール】
アレックス・ラミレス

1974年10月3日生まれ、ベネズエラ出身。1998年にインディアンスでメジャーデビューし、パイレーツを経て2001年にヤクルトに入団。その後、巨人、DeNAでプレーし、2014年にはBCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサスに入団した。同年10月に現役を引退。日本での14年で首位打者、本塁打王、打点王、最多安打など多くのタイトルを獲得した。2016年シーズンからDeNAの監督を務め、2017年シーズンは日本シリーズにも進出。2020年シーズンをもって監督を退任したあとは、バラエティ番組やYouTubeなど活躍の場を広げている。

アレックス・ラミレス公式YouTubeチャンネル
『ラミちゃんねる』の詳細はこちら>>

【著者プロフィール】

長谷川晶一 はせがわ・しょういち

1970年5月13日生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務を経て、2003年からノンフィクションライターとして、主に野球をテーマとして活動。2005年よりプロ野球12球団すべてのファンクラブに入会し続ける、世界でただひとりの「12球団ファンクラブ評論家(R)」。主な著書として、1992年、翌1993年の日本シリーズの死闘を描いた『詰むや、詰まざるや 森・西武vs野村・ヤクルトの2年間』(インプレス)、『プロ野球語辞典シリーズ』(誠文堂新光社)、『プロ野球ヒストリー大事典』(朝日新聞出版)。また、生前の野村克也氏の最晩年の肉声を記録した『弱い男』(星海社新書)の構成、『野村克也全語録』(プレジデント社)の解説も担当する。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る