2020.07.08

「股関節」改良と「サウナ」が効いた。
楽天・森原康平が絶対的守護神へ

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Kyodo News

 そうして身体が進化を遂げるなか、必然的に鋭さを増した球種がある。スラッターだ。

 山岡や山本由伸(オリックス)、千賀滉大(ソフトバンク)など、スラッターやカットボールを高レベルで操る投手には共通点がある。速球と同じ軌道で投げ、ピッチトンネルを形成して打者を打ち取っていくのだ。そうした投球を実践するには、股関節の柔らかさが必要になると高島氏は解説する。

「スラッターやカットボールは前で離せないと、いい球を投げられません。うしろで離せば離すほど、(発射角度が大きくなって)ある意味、ホップするじゃないですか。うしろで離すとボールが浮いてしまうので、いかにリリースポイントを前に持っていけるかの勝負。ということは、そもそも体のコンディションが悪い投手は投げにくいボールなんです」

 森原が質の高い速球やスラッターを投げている陰には、股関節などのトレーニングを積み重ねてきた努力があるのだ。

 くわえて、今季のハイパフォーマンスにつながっている外的要因もある。サウナだ。近年、『サ道』という漫画やテレビドラマが制作されるなど、サウナブームが密かに盛り上がっている。高島氏は自身のジムに機器を設置するほどの信奉者だ。冬の自主トレ期間中、森原を含め選手たちと近所の施設に出かけていたという。