2021.03.24

まさかの4失点KO。プロ注目の松浦慶斗が苦しんだ「大阪桐蔭のエース像」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 その一方で、無責任な第三者としてはこう思ってしまう。怖いもの知らずで腕を振り、猛烈な快速球で履正社や東海大相模を封じた2年夏の松浦も捨てがたいと。

 松浦は大きな志を抱き、北海道旭川から大阪に乗り込んでいる。大阪桐蔭に進学した理由を、松浦はこう語っていた。

「自分は近畿の高校野球のレベルがすごく高いと思ったので、大阪桐蔭に来ました。智辯学園もそうですけど、智辯和歌山、天理など甲子園で当たるチームがいっぱいある。自分のピッチングがどれだけ通用するのか試したくて来ました」

 一度ならず二度までも近畿地区の同じ相手に敗れてしまった。松浦慶斗という野球人の魂はここでしぼんでしまうのか、それとも大きく膨らむためのひと呼吸なのか。

 松浦はまだ豊かな潜在能力の底を見せていない。真価が問われるのは、まさにこれからだ。

関連記事