2017.09.30

来季ドラフトへ「埼玉にダルビッシュ
2世がいる」情報を確かめてきた

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

 試合後、米倉は涙こそ見せていなかったものの、放心状態で立ち尽くしていた。声を掛けると、か細い声で「ここまでやってきたことが生かせなくて……」と絞り出した後、過激とも思える言葉を口にした。

「ムダなことをしたと思います」

 その言葉の真意を聞くと、米倉はこう言葉を紡いだ。

「これまでコントロールを意識してやってきて、トレーニングを積んできたんですけど、ここぞという場面で打たれて……。自分としては準備してきたつもりでしたが、結果として足りなかったのかなと思います。いいボールと悪いボールの差がありました」

 いいボールと悪いボールの差――。米倉の現状はこの一言に尽きる。しっかりと指に掛かったボールは、捕手に向かって鋭く加速していくような素晴らしいキレがある。しかし、その球が長く続かない。抜けたような球筋がベルト付近に集まっては、痛打されるシーンが目立っていた。

 そしてもうひとつ。米倉本人も「体の開きが早い」と口にするように、フォームにも改善の余地がある。体重移動で半身(はんみ)の時間を長くできれば、米倉の柔らかさがより生きてくるはずだ。

 さらに若生監督は別の視点から米倉の課題を語る。

「闘争本能が全然ないんだよな。今どき珍しいくらい、人間的にいい子なんだけど、それが勝負の世界でいいことなのかどうなのか……。あれだけのボールを持っていたらさ、普通は『打てるものなら打ってみろ』と投げて、打たれないものじゃない。入学した頃に比べれば少しは強くなっているけど、まだまだ。持っているものからすれば、まだまだ物足りないですよ」