2016.06.20

清宮に立ちはだかるドクターK、聖徳学園・長谷川宙輝が西東京を熱くする

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

 長谷川は「強く意識することはありません」と言いつつも、高校時代の松井の投球にヒントを得たことは認めている。

「松井さんが夏の甲子園で三振をたくさん取っているのを映像で見て、スライダーは三振が取りやすいんだなと思いました」

 なぜ、プロスカウトからも注目されるような投手が、弱体化した聖徳学園に出現したのか。その過程には、古豪復活に燃える指揮官の執念と、自分に自信を持てなかった高校球児の奮闘の2年間があった。

 長谷川は兄が通っていたこともあり、中学から聖徳学園中に入学した。

「聖徳学園の野球部が強くないことは知っていたので、『自分が入って強くしよう』と思いました。......でも、そもそも強いチームに入って、埋もれるのは怖いなという思いもあって、そこまで野球に自信が持てていませんでした」

 高校入学時点での体のサイズは身長168センチに対して、体重はわずか50キロ。ストレートの最速は120キロも出なかった。だが、中里監督はその非凡な才能に早くから目をつけていた。

「入ってきた頃から『プロに行こうぜ!』『取材を受けるような選手になろう』と言い続けました。スピードはありませんでしたが、体をつくって、理にかなった投げ方を身につければ140キロは出る。また、縦に落ちる独特のスライダーがよかったので、上の世界でやれる選手だと思いました。そのためには、とにかく体を大きくしないと。食の細い選手だったので、お母さんとも密に連絡を取って、食事やプロテインなど栄養面について細かく指導しました」