2016.07.10

【新車のツボ125】スズキ・バレーノ、
和製ガイシャ、ここにきわまる

  • 佐野弘宗●取材・文・写真  text&photo by Sano Hiromune


 スズキの新しいコンパクトカーであるバレーノには、気になる話題が2つある。

 ひとつが、日本で売られるバレーノもインドで生産されること。日本ブランドの輸入車は今やめずらしくもないが、インド産は少なくとも日本ブランド車では史上初だ。

 もうひとつが、バレーノはスイフトの次期型と基本骨格を共用する兄弟車であっても、スイフトではないことだ。

 まわりくどい表現だが、ごくオーソドックスなハッチバック車という点では、バレーノもスイフトも同じ。しかも、前記のとおりバレーノは次期スイフトと技術的にも酷似している可能性が高い。となると、ちょっとクルマに詳しい人ほど「けっして規模の大きくないスズキが、なんで似たようなクルマを2台も出すのよ?」という疑問をいだく。

 バレーノは一応、「スイフトより室内がちょっと広くて実用的」なのがツボらしい。全幅もこのクラスの日本車にあるまじき(!)3ナンバーサイズで、いかにも「日本市場は二の次」の感がアリアリ(笑)。少なくとも現時点では、日本人には存在意義がわかりにくい。