2014.08.12

【新車のツボ84】
日産ティアナ試乗レポート

  • 佐野弘宗+Sano Hiromune+●取材・文・写真 text&photo by

「今のティアナってどんなクルマ?」と訊かれて、即座に正しくイメージできるのは、失礼ながら、よほどのクルマ好きか日産ファン、あるいは自分で旧型のティアナにでも乗っている(いた)人くらいだろう。

 日産ティアナは日本でも最大級に近いサイズの4ドアセダンで、駆動方式は前輪駆動。エンジンは普通の4気筒。価格は200万円台後半~300万円ちょい。安いクルマではないが”高級車”というほどでもない。同じ日産のスカイラインもティアナとほぼ同サイズだが、こっちはベンツビーエムなどとガチンコ勝負を想定して、各部もティアナより明らかに高級。価格も400万円台後半以上だ。

 そんなティアナがどうにも存在感希薄な理由は、こういう「手頃で快適、そして実用的」なセダンが、今の日本ではもう完膚なきまでに人気がない(!)ことがひとつ。で、当の日産がそういう空気を読んで、この最新型ティアナでも今年2月の発売当初から、積極的な広告宣伝がほとんどされなかったことにある。月販目標もわずか数百台……と、最初から割り切った少量ビジネスだ。

 ちなみに、それでも日産がティアナをしつこく売り続けるのは、日産がトヨタとならんで、セダンの(少なくなったとはいえ皆無ではない)固定需要を抱えているからだ。たとえば「わしゃ、クルマは死ぬまでセダン」と心に決めて定期的に買い替える”昔はブイブイ鳴らした(?)熟年層”や、法人営業車(社会通念上、セダン以外は使いにくい)などの固定客が、日産には今もけっこういる。

 日本ではこのように”知る人ぞ知る系”のティアナだが、世界的には、日本での日陰イメージとは正反対の超絶人気車。とくに世界の二大自動車市場であるアメリカと中国で絶大な人気を誇り、アメリカ(現地名アルティマ)では”乗用車売り上げNo.1”を、つねにトヨタ・カムリやホンダ・アコードと三つどもえで争うビッグセラー商品なのだ(ライバルも日本車なのが誇らしいね)。