2016.08.31

7人兄弟の3番目。代表FW浅野拓磨選手の家族への思い、W杯への思い

  惜しくもグループリーグで敗退してしまいましたが、リオ五輪に出場したサッカー日本代表チームは粘り強い戦いを見せてくれました。そのU-23世代の選手のうち、『ロシア ワールドカップ アジア地区最終予選』に向けて、私が注目している選手のひとりが、リオで2ゴールを挙げたFW浅野拓磨選手です。

 50m5秒台の俊足を武器にサンフレッチェ広島でブレイクして、昨年の東アジアカップでA代表デビュー。今年、イングランドプレミアリーグの名門・アーセナルに移籍が決まったときは、驚いたサッカーファンも多かったのではないでしょうか。
photo by Yamamoto Raita
 浅野選手は常々、「自分の支えとなっているのは家族」と口にしています。浅野家は7人兄弟の大家族で、浅野選手は上から3番目。お仕事で家になかなか帰れなかったお父さんの代わりに、下の弟さんや妹さんをお風呂に入れてあげるなど、よく面倒を見ていたそうです。