2018.03.10

平昌で、Tokyo 2020
JAPAN HOUSEが大盛況!

  • text by Sportiva photo by Tokyo 2020

 羽生結弦の華麗なる復活の舞い、カーリング娘のはじけるスマイル……。多くの感動と興奮をもたらした平昌オリンピック。日本は冬季大会過去最高のメダル数を記録して、大いに盛り上がりを見せた。

 その熱気が冷めやらぬなか、9日(金)からはパラリンピックが開幕して、再び熱い戦いが展開されている。そして、2年後には東京でオリンピック、パラリンピックの開催が控えている。

 その東京2020大会と開催都市、東京の魅力を発信するTokyo 2020 JAPAN HOUSEがオリンピック期間中、江陵オリンピックパーク内に開設された。巨大な市松模様の建物には、世界中からの観戦者や大会関係者が訪れ、その入場者が12万人を超える賑わいを見せた。

エンブレムの市松模様をモチーフにしたTokyo 2020 JAPAN HOUSEの外観 
 期間中は試合や練習の合間を縫って、日本選手、OBも多数訪れ、宮原知子選手(フィギュアスケート)、藤本那菜選手(アイスホッケー)、鈴木大地スポーツ庁長官、元バドミントン日本代表・潮田玲子さんらが館内を楽しみ、「東京」をアピールした。


宮原知子選手(左)と元競泳日本代表・伊藤華英さん

選手紹介ボードにサインをする藤本那菜選手鈴木大地スポーツ庁長官はラグビーワールドカップ2019大会をモチーフにしたトライフォトに挑戦