2018.12.24

平成最後の箱根駅伝。どこが青学を止めるのか

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato

前回5区で区間賞を獲得した3年の青木涼真 photo by Nishimura Naoki/AFLO SPORT法政大学

5区青木の快走で”サプライズ”なるか

 前回は12年ぶりの連続シードとなる6位。5区青木涼真(3年)と6区佐藤敏也(3年)の快走で勢いに乗った。今季はふたりが外れた出雲で12位に終わったものの、ともに復帰した全日本は7位まで浮上している。

 前回5区で区間賞を獲得した青木は、今季さらに成長しており、「山の神」にもっとも近い選手だ。6区には区間上位を狙える坪井慧(3年)が候補に挙がっており、30kmで学生歴代5位の1時間30分02秒を持つ佐藤は往路へのコンバートが濃厚。貧血で出雲と全日本は不発だったエース坂東悠汰(4年)も調子を上げている。

 チームの目標は前回を上回る「5位以内」。しかし、4区終了時でトップと2分ほどのタイム差なら、88年ぶりとなる往路V、76年ぶりのトップスリーという”サプライズ”が現実的になってくるだろう。