2017.12.26

東洋大の箱根駅伝は、全日本で
キラリと光った1、2年生を主要区間に

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by AJPS/AFLO SPORT

 今季の東洋大は、11月の全日本大学駅伝で、相澤晃(2年)が1区でユニバーシアードハーフマラソン優勝の片西景(駒大・3年)らと競り合って区間賞を獲得し、2区の渡邉奏太(2年)が駒大のエース・工藤有生(なおき/4年)を13秒引き離して独走態勢を作った。

今大会もエースがひしめく2区を予定している山本修二 さらにその後は、日本インカレ1万mで日本人トップの3位になった西山和弥(1年)、山本修二(3年)、中村駆(2年)とつないで5区まで1位をキープしてファンや関係者を驚かせた。6区と7区では遅れたが、最終8区の19.7kmは1年生の吉川洋次が鈴木塁人(たかと/青学大・2年)と同タイムの区間4位で走り切った。

 この全日本での光る走りには、神奈川大の大後栄治監督も箱根に向けて、「これで4年生が複数入ってくれば、東海大と並ぶ優勝候補の筆頭格になる」と警戒するほどだった。

 ところが12月10日にエントリーメンバー発表されると、4年生は前回10区10位の小早川健のみ。前回9区区間賞の野村峻哉と8区4位の竹下和輝、6区13位の堀龍彦は16名枠に入れないという誤算で、箱根経験者は3名のみという状況になった。