2015.12.28

【箱根駅伝】全日本を勝った東洋大。「うちは本命じゃないので楽しみ」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi 中村博之●写真 photo by Nakamura Hiroyuki

 ただ、その全日本の結果により、箱根では青学大は「絶対に主導権は渡さない」という気持ちでくるだろうし、駒大も往路を重視してくるはずだ。特に青学大は神野大地が万全でないことで、他の選手たちの間で「自分たちでやらなければいけない」「神野に1番で渡さなければいけない」というムードが高まれば、より強敵になってくるに違いない。熾烈な戦いは避けられないと酒井監督は言う。

「箱根でも、全日本のようにミスを誘発させて、そこに勝機を見つけなければいけないと思う。選手たちもあの勝利が自信になったし、『負けたくない』という思いはすごくあるので。おそらく青学大は一色恭志と久保田和真を序盤にぶつけてくるだろうし、駒大も中谷圭佑と工藤有生を使ってくるだろうから、うちも服部兄弟を使わなくてはいけない。今回はうちも大八木さんも、対青学大を考えればあまり策略もなくシンプルに戦うしかないと思います」

 東洋大は1区を服部弾馬(3年)、2区は服部勇馬(4年)を起用。3区と4区には、出雲の4区と全日本の3区で区間賞を獲得している口町亮(3年)と、出雲、全日本とも主要区間である6区と4区を走り、それぞれ区間4位と5位になった櫻岡駿(3年)を並べてくるのが順当なところだろう。