2021.09.29

「日本でダンスがここまで進化しているのか」Dリーグ初代最優秀ダンサーISSEIが開幕シーズンを回顧

  • text by Sportiva
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

Dリーグ「KOSÉ 8ROCKS」でディレクター兼ダンサーを務めるISSEIDリーグ「KOSÉ 8ROCKS」でディレクター兼ダンサーを務めるISSEI  2021年1月に日本発のプロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE」が始まり、7月にファーストシーズン(20-21シーズン)が終了した。全9チーム()が披露するダンスを採点により順位づけし、それを12ラウンド開催するDリーグ。さらに上位4チームによるチャンピオンシップで優勝を決定するクライマックスもある。
※セカンドシーズン(21-22 シーズン)からは11チーム

 日本トップレベルの華麗なプロダンサーたちの中から最優秀ダンサーMVD(Most Valuable Dancer)と、公式アプリのファボ数(いいね!数)が最も多いダンサーに与えられる「MOST FAV DANCER」の二冠を達成したのが、ISSEI(イッセイ)だ。

 ブレイクダンサー世界一の称号を引っ提げてKOSÉ 8ROCKS(コーセーエイトロックス)のディレクター兼ダンサーとしてDリーグに参戦し、チームをチャンピオンシップ進出に導いたISSEI。セカンドシーズンに向けて始動し始めた今、MVD受賞を改めて振り返ってもらった。

「これはチームのみんながいて獲れた賞で、自分だけで獲った賞ではないと思っています。今は賞をもらえたことでもっと頑張ろうという気持ちになれていますし、好きなダンスをもっと前向きにやれたら、次のシーズンもよくなるだろうなと思っています」

 KOSÉ 8ROCKSは、日本で活躍する有名ブレイクダンスチームからメンバーを集めている。アクロバティックな合わせ技を得意とし、高速で展開されるルーティーンやバラエティーに富んだ個人スキルで見る者を魅了するDリーグ唯一のブレイクダンスチームだ。

 ダンスと言ってもさまざまなジャンルがあるが、Dリーグに集うチームのジャンルも多彩だ。KOSÉ 8ROCKSがブレイクダンス、優勝したavex ROYALBRATSがヒップホップ、準優勝のFULLCAST RAISERZがクランプだが、それぞれがジャンルの垣根を超えるダンスを披露することもある。この斬新なリーグ設計の魅力にいてISSEIはこう語る。

「僕も知らなかったジャンルや、知ってはいたけれどあまり見たことがなかったジャンルがあって、とても新鮮でした。プロダンサーたちがオーナーのもとでチームを作り、それぞれが特色のあるダンスを披露するのが、とても面白いなと思いました。日本でダンスがここまで進化しているのかと、そのレベルの高さにも驚きましたね」