2016.11.19

鈴木明子が浅田真央にエール。
彼女には誰にも負けないものがある

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • 能登直、是枝右恭●撮影 photo by Noto Sunao, Koreeda Ukyo

―― 彼女の代名詞であるトリプルアクセルを今シーズンは跳んでいませんが、大丈夫でしょうか。

鈴木 ケガや仕上がりの遅れが理由だったとしても、以前の浅田選手ならば、無理をしてでもプログラムに入れたでしょう。そこをグッと我慢したところに成長を感じます。トリプルアクセル以外のところをしっかり固める、スケート本来の美しさを追求する、という意思の表れだと私は思います。

 今は苦しいときです。もちろん勝利を掴むためには、トリプルアクセルは必要な技です。ほかの部分を磨いたあとにそれがピッタリとはまれば、さらに進化した浅田選手の演技が見られるのではないでしょうか。

 ソチオリンピックのフリーもそうでしたが、厳しい局面ですばらしい演技を見せるのが、浅田選手です。これまでにない難しい状況だと本人も感じていると思います。しかし、彼女には誰にも負けない経験があります。フィギュアスケートに対する強い思いがあります。だからこそ、浅田選手の「自分らしい演技」を期待しています。

羽生結弦 2016-2017フィギュアスケートシーズンカレンダー好評発売中!

フィギュアスケート特集号『羽生結弦 未来を創る人』発売中!

■フィギュアスケート記事一覧>>


photo by Koreeda Ukyo【profile】
鈴木明子(すずき・あきこ)
1985年3月28日生まれ、愛知県豊橋市出身。6歳からスケートを始め、15歳のときに全日本選手権で4位に入賞して注目を集める。10代後半に体調を崩して大会に出られない時期もあったが、2004年に復帰。2010年バンクーバー五輪代表の座を獲得し、8位に入賞した。2012年、世界選手権銅メダル。2013-2014シーズンの全日本選手権では会心の演技で13回目の出場にして初優勝。2014年ソチ五輪では、同大会から正式種目となった団体戦に日本のキャプテンとして出場して5位入賞、個人戦では8位入賞を果たす。2014年の世界選手権出場を最後に、競技生活からの現役引退を発表した。引退後はプロフィギュアスケーター、振付師、解説者として活動の幅をさらに広げている。著書に『プロのフィギュア観戦術』(PHP新書)など。

関連記事