2013.05.02

【女子バレー】就任1年目で三冠へ。中田久美監督「常に目標は世界」

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

 恩師の山田重雄は強烈な個性を持つ指導者だったが、「いいところはしっかり受け継いでいかないといけないと思っていますが、時代の流れとともに選手の気質もバレー自体も大きく変わっています。いかに新しいことを付け加えていけるかが勝負」と、冷静に語る。

 チームの主力、新鍋理沙選手によると、昨年までとは選手全員の意識が変わったという。

「リーグの途中で負けることも当然あります。去年までは一人一人が反省をしても、全員で話し合ったりすることはありませんでした。今年は一度負けると、皆で徹底的に何が悪かったか、どうしたらいいかを話し合うようになりました。それが負けても引きずらず、(Vリーグの)ファイナルラウンドで勝てた大きな要因だったと思います」

 また、バレーボールのことはもちろん、それ以外のことでもいろいろ相談に乗ってもらっているという。

「本当に細かいところまでよく見てくださって、声をかけていただけます。そういうところはやっぱり女性同士ならではですね」

 ちなみに選手達は中田監督のことを「監督」ではなく「久美さん」と呼んでいる。

 普段の練習から、常に目標は「世界」。久光の選手を一人でも多く全日本に送り出し、世界を相手に活躍させること。そのため、「この黒鷲旗大会も、うちにとってはスタートの試合。次のステップに進むため、必ず勝ちにいきたい」。

 就任一年目での三冠という快挙はなるか。

関連記事