エディージャパンに呼ばれた「天才高校生」...梶村祐介は「それがプラスになったのかはわからない」

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

ラグビーワールドカップ2023「Road to France」<02>
梶村祐介(横浜キヤノンイーグルス)前編

 高校3年時、エディージャパンに練習生として招集されて一躍、脚光を浴びた。横浜キヤノンイーグルスのキャプテン、CTB(センター)梶村祐介。

 2019年ワールドカップでは、最後の最後に日本代表スコッドから外れて悔しい思いをした。その経験を糧に、東京サントリーサンゴリアスから離れることも決意。そして27歳となった今、心身ともに大きく成長した姿を見せている。

 目指すはもちろん、自身初となるワールドカップ。「早熟の天才」と呼ばれた男が紆余曲折を経て大人となった今、どのような心境でワールドカップを見据えているのか聞いた。

   ※   ※   ※   ※   ※

梶村祐介●1995年9月13日生まれ・兵庫県伊丹市出身梶村祐介●1995年9月13日生まれ・兵庫県伊丹市出身この記事に関連する写真を見る── まず、梶村選手と言えば報徳学園の高校3年生の時、エディージャパンに練習生として招集されたことで一躍有名になりました。

「高校生でエディージャパンの合宿に呼ばれたことがプラスになったのかは、正直わからないですね......。『日本代表に呼ばれた高校生』という肩書きで自分が思っている以上に注目されたので、今思えば相当プレッシャーを感じていました。

 当時、日本代表を率いていたエディーさん(・ジョーンズ/現オーストラリア代表HC)からは『体重を増やせ』と言われ、無理やり食べて体重を100kgまで増やしたんですけど、それもよくないほうにいっちゃいましたね。だから、高校3年や明治大1年の頃は、なかなか選手として伸びなかったのかもしれません。

 もちろん、呼んでいただいたのはありがたいことでしたけど、自分のなかでそのプレッシャーをうまく変換できなかった。ただ今となっては、あの時の自分も受け入れて、いい経験になったと思えるようになりました」

── 2019年ワールドカップのシーズンは8月の網走合宿まで参加していましたが、最後の最後で31名のワールドカップスコッドに入ることができませんでした。

「最後にメンバー外となった選手は、コーチ陣から日本刀をいただきました。だけど、フッカーの選手以外、日本刀には普通に名前が刻印されていたので、最初から(選ばれないことは)もう決まっていたんだろうなと思っています。

1 / 4

プロフィール

  • 斉藤健仁

    斉藤健仁 (さいとう・けんじ)

    スポーツライター。 1975年4月27日生まれ、千葉県柏市育ち。2000年からラグビーとサッカーを中心に取材・執筆。ラグビーW杯は2003年から5回連続取材中。主な著書に『ラグビー『観戦力』が高まる』『世界のサッカーエンブレム完全解読ブック』など多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る