2022.05.07

ほのか、NHKマイルCは2強を消しで勝負。本命など「ラストのキレ味」重視で6頭を選んだ

  • 浅田真樹●取材・構成 text by Asada Masaki
  • 佐野隆●撮影 photo by Sano Takashi

 今度こそ――。

 web Sportivaで予想をさせていただくようになって、ずっとそう言っている気がします(苦笑)。正真正銘の今度こそ、ズバリ的中! といきたいところです。

NHKマイルCの予想をしてくれた、ほのかさんNHKマイルCの予想をしてくれた、ほのかさん この記事に関連する写真を見る  今回は、5月8日に行なわれる3歳マイルGIのNHKマイルC。予想において重視したポイントは、「ラストのキレ味」です。

 舞台は広々とした東京競馬場で最後の直線が長いですから、やはりキレる脚がモノをいうのではないか、と。特に上がりタイムを重視して、印を打ちました。

 本命は、インダストリアです。

 この馬は、過去4戦すべてでメンバー最速の上がりタイムをマーク。東京コースは新馬(2着)、未勝利(1着)でも好走していますし、持ち味である末脚を生かせる、もってこいの舞台だと思います。

 前走のGII弥生賞では5着に敗れましたが、小回りの中山コースだったうえ、展開にも恵まれませんでした。距離も初めての芝2000mと少し長かったような気がします。直線の長い東京コースで、距離もマイルに戻る今回は、十分に巻き返しが期待できます。

 これまでも外から差してくる競馬を得意としていましたから、6枠11番と外目の枠に入ったことも好材料。名手ダミアン・レーン騎手が手綱をとるのも心強い限りです。その分、余計に人気になってしまうかな、という心配もありますが、この馬を馬券の軸にしたいと考えています。

 対抗は、マテンロウオリオンです。

 この馬も、前走のGIIニュージーランドトロフィーでメンバー最速の上がりタイムを記録しているように、本命同様、鋭い末脚が魅力です。

 なかでも印象的だったのが、初勝利を挙げた1勝クラスの万両賞。道中は馬群から離れて最後方を追走し、最終コーナーを回る際もしんがりでした。しかし直線、大外一気のごぼう抜きで快勝。その圧巻のレースぶりには惚れ惚れしました。

 加えて、同馬はNHKマイルCで過去3勝を挙げているダイワメジャー産駒。ここで買わないわけにはいきません。