2019.05.21

「1強」か「3強」か。
日本ダービーを読み解く3歳牡馬ランキング

  • text by Sportiva
  • photo by Yoshifumi Nakahara/AFLO

 3歳牡馬クラシックの第2弾、GI日本ダービー(東京・芝2400m)がいよいよ5月26日に行なわれる。

 牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)では、断然人気のサートゥルナーリア(牡3歳/父ロードカナロア)が優勝。年末のGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)以来となる異例のローテーションを物ともせず、無敗で一冠目も手にした。

皐月賞はサートゥルナーリアが人気に応えて勝利した そして、2着に4番人気のヴェロックス(牡3歳/父ジャスタウェイ)、3着には3番人気のダノンキングリー(牡3歳/父ディープインパクト)が僅差で入線。人気馬がしっかりと結果を残した。一方、2番人気のアドマイヤマーズ(牡3歳/父ダイワメジャー)は4着に敗れたものの、その後にGINHKマイルC(5月5日/東京・芝1600m)を制して、2歳王者の強さをあらためて示した。

 また、ダービーのトライアルおよび前哨戦では、GII青葉賞(4月27日/東京・芝2400m)をリオンリオン(牡3歳/父ルーラーシップ)が勝利し、GII京都新聞杯(5月4日/京都・芝2200m)はレッドジェニアル(牡3歳/父キングカメハメハ)が制した。なお、天候不良による開催中止を受けて1週遅れで行なわれたオープン特別のプリンシパルS(5月12日/東京・芝2000m)は、ザダル(牡3歳/父トーセンラー)が勝って3連勝を飾ったが、同馬はダービー出走を回避することになった。

 これらの結果を踏まえて、日本ダービーに向かう3歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシック、すなわち今回はダービーに挑む3歳牡馬の実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。