2017.11.05

偉大な母、立派な兄を持つシーリア。
女王決戦を前にポテンシャル炸裂か

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第24回:シーリア

 秋のGIシリーズに盛り上がる競馬界。11月12日には3歳以上の牝馬たちによる”女王決定戦”、GIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)が行なわれる。

 3歳馬と古馬が激突し、真の女王の座を決める一戦は、実力馬ぞろいの好メンバーとなって見応え十分。熾烈な争いを制して、新たなヒロインの誕生となるのか、興味は尽きないが、ちょうど同じ日、多くのファンが注目している2歳牝馬がデビューを迎える。

 栗東トレセン(滋賀県)の角居勝彦厩舎に所属する、シーリア(牝2歳/父キングカメハメハ)である。

名牝シーザリオの子ゆえ、注目度が高いシーリア なぜ、この馬の注目度が高いのか。それは、2005年に日米オークス制覇という偉業を成し遂げた名牝、シーザリオが母だからだ。

 シーザリオはわずか6戦のキャリアながら、5勝(うちGI2勝を含めて重賞3勝)2着1回という輝かしい成績を残している。実際に対決することはなかったものの、同世代で活躍したディープインパクトの「最大のライバル」とも言われた。