2018.02.16

堂安律がオランダでムキムキと体重増、
監督にはビシビシともの申す

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by Getty Images

 今年に入り、FCフローニンゲンの堂安律はコンディションのよさを感じている。

 現在、彼の体重は75kg。日本にいたころより、3kgほど増えたのだ。堂安のことをよく知る者は「律、お前、筋トレしすぎと違うか?」と言う。しかし「筋トレ嫌い」と公言する彼は、「フィジカルコンタクトの激しい試合と練習によって、自然と筋肉がついた」と理解している。

強豪フェイエノールト相手にマッチアップを「楽しんだ」堂安律「やっぱり試合が一番、鍛えられると思います。次の日に筋肉痛が残って、ほどよい疲労感があるのが好きなんです。筋肉痛があると『ああ、もう筋トレをしないでいいな』という感じになります」

 フローニンゲンのトレーナーからは「あと2kg増やして、77kgまで持っていきたい」と言われている。

 堂安本人は「(自分のフィジカルは)通用しているから(それまでの体重に対して)ネガティブに感じてない。今は重たくなってキレがなくなるのが心配」と意見を述べたが、「プレミアリーグにステップアップしても負けない身体を作ってあげる。体重が増えても、筋肉量を上げれば問題ない」という説明が返ってきた。ただ、急に筋肉を増やすのもよくないから、月々、少しずつ上げていこうという結論に至った。

 チームは今年に入って、2敗2分と調子が悪い。2月2日のフィテッセ戦(0−2)、8日のフェイエノールト戦(0−3)は防戦一方のまま、無抵抗に試合を終えてしまった印象だ。自ずと堂安のボールタッチは少なくなる。それでも堂安は、後ろ向きの姿勢で受けたボールを、相手のマークを一枚剥がしながら前に向き、前線に何とかパスを供給しようとしていた。

 フィテッセ戦でトップ下を務めた堂安は、2点ビハインドで迎えた67分、ベンチに下げられてしまった。アーネスト・ファーバー監督の狙いは、馬力のあるストライカーFWラルス・フェルトワイクを投入して2トップにすることによって、縦へのダイレクトプレーで攻撃の迫力を増すことだった。