篠塚和典だけが知っている「元気ハツラツ」中畑清の素顔「ミスターをかなり意識していた」

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo

篠塚和典が語る「1980年代の巨人ベストナイン」(5)

中畑清 前編

(連載4:クロマティが「4割バッター」に迫った1989年 「大好き」と語っていた投手とは?>>)

 長らく巨人の主力として活躍し、引退後は巨人の打撃コーチや内野守備・走塁コーチ、総合コーチを歴任した篠塚和典氏が、各年代の巨人ベストナインを選定し、各選手のエピソードを語る。
 
 以前選んだ「1980年代の巨人ベストナイン」のなかで4人目に語るのは、同期入団であり、お互いに中心選手として長く苦楽を共にした中畑清氏。前編では最初に出会った時の印象やプレースタイルについて聞いた。

1983年の日本シリーズ第3戦でサヨナラヒットを放ち、王貞治監督(左)らに迎えられる中畑清(中央)photo by Sankei Visual1983年の日本シリーズ第3戦でサヨナラヒットを放ち、王貞治監督(左)らに迎えられる中畑清(中央)photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る

【いい意味で年の差を感じない】

――篠塚さんは中畑さんと同期ですが、入団当初の印象はどうでしたか?

篠塚和典(以下:篠塚) 自分が高卒(1975年ドラフト1位/銚子商)で中畑さんが大卒(同3位/駒澤大)でしたから、やはり体のでき具合なんかは全然違いました。それと、自分の場合は最初から「3年間はファームで」とミスター(長嶋茂雄氏)に言われていましたからね。大卒の中畑さんは入団当初から周囲からの期待も大きかったですし、「早い段階から一軍でプレーするだろうな」と思っていました。

――当時の巨人は、王貞治さんや高田繁さんなどもまだ現役で選手層が厚く、その影響もあってか、中畑さんがファームで下積みする期間も長かったですね。

篠塚 中畑さんが一軍に定着したのは、僕と同じ4年目からでしたね。ファームで一緒にやっていた期間がけっこう長くて、内野で一緒にノックを受けたりしていました。自分がショートかサード、中畑さんはサードでノックを受けていました。

寮で一緒の期間もありましたし、話す機会は必然的に増えていきました。中畑さんの性格は見ての通り明るいですし、すごく話しやすかった。4学年先輩なのですが、いい意味で年の差を感じることなく自然に接することができましたね。

――当時の中畑さんの守備はどうでしたか?

篠塚 中畑さんが最初に守っていたサードは、「うまい」とか「下手」という印象がわかりにくいポジションですから。その上で語るのならば、中畑さんは動きが硬い印象があったので、「動きの柔らかさに関しては負けてないぞ」と思っていましたね。それと、巨人のサードはミスターが長く守っていたポジションでしたが、「中畑さんがその後を引き継いでいくのかな」と見ていました。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る