2021.08.27

谷繁元信がパ・リーグ後半戦、6球団の戦力を分析。優勝争いで注目の選手は?

  • 中島大輔●取材・文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Jiji Photo

谷繁元信が語るプロ野球後半戦@パ・リーグ編

「セ・リーグ編」はこちら>>

 シーズン序盤から白熱した展開が続くパ・リーグは残り約50試合となったなか、上位4強が熾烈な優勝争いを繰り広げている。8月23日時点で2位以下に3ゲーム差をつけて首位に立つのが、1996年以来の優勝を目指すオリックスだ(今季の成績は同日時点)。

「今のチームを見ると、この位置にいるのも不思議ではないですね。開幕当初より、確実に力をつけています」

 元中日の監督で、野球解説者の谷繁元信氏はそう話す。

万波中正は横浜高から2018年ドラフト4位で日本ハムに入団万波中正は横浜高から2018年ドラフト4位で日本ハムに入団 この記事に関連する写真を見る  オリックスは交流戦開幕時点で楽天と8.5ゲーム差の最下位に沈んでいたが、6月6日から11連勝。6月20日に楽天を下して7年ぶりの首位浮上を果たした。中嶋聡新監督がショートの紅林弘太郎やセカンドの太田椋など若手を積極的に使いながら、徐々にチームの形を固めていけたのが大きかったと谷繁氏は指摘する。

「5月中旬から1番・福田(周平)、2番・宗(佑磨)、3番・吉田(正尚)、4番・杉本(裕太郎)と並べたら、そこから打線がものすごくいい形になっていきました。この形を続けられるかぎり、安定して得点をあげていけると思います」

 フロント陣は25年ぶりの優勝を後押しするように、打線にランヘル・ラベロ、投手陣ではグレン・スパークマンとセサル・バルガスをシーズン途中に補強した。

 ラベロはウエスタンリーグで死球を受けて長期離脱の可能性が高まった一方、スパークマンは来日初先発となった8月18日の日本ハム戦で4回2失点とまずまずの投球を見せた。東京五輪メキシコ代表のバルガスは150キロ台のストレートと高速シンカー、カットボールを誇り、先発、中継ぎともにこなすことができるタイプだ。この補強は終盤に向けて追い風になると谷繁氏は見ている。

「(ステフェン)ロメロは家庭の事情で帰国し、ほかの外国人野手は少し期待外れでした。そこで、ピッチャーを補強しようと考えたのでしょうね。9月、10月に入り、厳しくなっていくのは中継ぎ、抑えなので、そこを厚くしたいということだと思います」