2020.08.17

門田博光、通算567本塁打も悔恨
「あと33本は打てた。打つべきだった」

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Sankei Visual

 話題は連戦から無観客になり、さらに開幕前から一部で話題になった打球の飛び具合につながった。練習試合、オープン戦から特大弾が飛び出し、打ち損じたと思った打球がフェンスオーバーする。このことについて、門田は持論を展開した。

「客が入ってないことが、飛ぶひとつの理由やないか。オレの現役の頃は、6月の北海道が飛ぶといわれて、いつも頭に入れとった。(1年に一度の遠征で)あそこに行く時は、最低でも(本塁打を)2本は打つと決めとったんや。

 6月の梅雨の時期は、湿気でボールが重くなって打球が飛ばん。だけど、梅雨のない北海道に行ったら気持ちいいくらい飛んでいった。だから、はよ北海道に行きたいとなっとったんやけど、あの時と似たようなことになってるんとちゃうかということや」

 つまり、観客がいないことで、空気が乾燥して打球が飛んでいると?

「イエスや。お客を入れんということは、満員でドンチャンやっている時より、球場内に湿気や熱気がないから飛ぶというのはあるやろう。ドームやったらなおさらや。もとから湿気も少ないから、そら飛ぶやろ。まあ、こんなこと言うとったら、『またおっさんが何か言うとるわ』と思われそうやけど、オレはそんなことばっかり考えてやっとったんや」

 現役時代の門田は人一倍、風や湿気、自然条件を気にかけて打席に立っていた。そして利用できるものはなんでも利用した。

「当たり前のことや。こっちはフェンスの向こうまでボールを持っていくのが仕事や。どうやって外国人のパワーに対抗するか。そればっかり考えとった」

 コロナ騒動がいったん落ち着いた頃に、東京から関係者が持参してきたという名球会の帽子を頭に乗せ、門田の語りは熱を帯びていった。

 現役時代、"ポパイ"の異名をとった肉体は随分とスマートになったが、独特の感性や言い回しは、解説者として人気を博していた当時を思い出す。しかし、たまに近くを人が通っても門田に気づくものはいない。それは今日に限ったことではない。

「そこがGやT(阪神)との違いや」

 評論活動を離れ、約15年。住まいも自らの希望で郊外へと移した。仕事の面でも健康の面でもいろいろなことがあった。その影響もあって、野球との関わりは年々薄くなっていった。

「テレビで野球を見てるかって? ほかに特別見たい番組がないから見る程度で、まぁ2番手や」

 ただ、見るとなれば何を見るかは決まっている。

「今年はどんなやつが飛ばすのか。興味があるのはそこだけや。去年は坂本(勇人/巨人)のスイングの前が大きくなって、これは本数いくなと思とったらやっぱりや。Gの若いほう(岡本和真)は、去年はちょっと太って見えたけど、30本以上打ちよった。今年40発打ったら本物や。あの子は背中が柔らかいのがええ」

 そこから中田翔(日本ハム)、森友哉(西武)、吉田正尚、T−岡田(ともにオリックス)らの話題が続いた。スラッガーたちの話になると、「もう十分にやりきった」と胸の奥にしまっていたはずの勝負師の本能が目覚め、悔恨の思いが蘇る。

「いま思うのは、600本は打ちたかったということや。あと33本は打てた。絶対に打っとくべきやった。最近はいつもそのことばかり考えて、うなされとるんや」

 門田が放った567本塁打は、王貞治の868本、野村克也の657本に続くNPB歴代3位。門田に500本台と600本台の違いを尋ねると、こんな答えが返ってきた。

「そら、重みが全然違うわ。500本台はようけおるやないか。ハリさん(張本勲)、山本浩二さん、オチ(落合博満)、衣笠(祥雄)、清原(和博)......。でも600本以上となるとナンバーワン(王貞治)と19番(野村克也)しかおらんのやから。500本なんて、ちょっと真剣にやったら誰でも打てる」

 長いプロ野球の歴史で、500本以上の本塁打を放った打者は数えるほどしかない。決して誰でも打てるとは思わないが......。

「打てる、打てる。高校までホームランなんか打ったこともなかったオレが打てたんやから。清原でも、あいつがひたすら鍛えて、野球に打ち込んどったらどれだけ打ったか。王さんに迫っとったやろう。