2020.03.27

八重樫幸雄は秋山翔吾の獲得を進言。
スカウト目線で重要なポイントは?

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

――体格は一目瞭然ですが、「体幹が強い」「バランスがいい」というのは、どういう点から判断するのですか?

八重樫 本来ならば、キャッチボールを見るだけでも十分判断できるものなんですよ。でも、普段から常に真面目に、真剣にキャッチボールに取り組んでいる選手は少ないから、それだけで判断することは難しい。だから練習で判断するとすれば、シートノックかな? 打球への足の運び、捕ってからのスローイングを見ていると、その選手の体幹の強さや体のバランスがある程度は判断できるんです。

【打者、投手、それぞれのチェックポイントは?】

――技術面でのチェックポイントは?

八重樫 バッターなら、「バットの振り」と「飛ばす力」かな。スイングスピードはやっぱり気になりますね。あとは「手首の強さ、柔らかさ」。これは天性のもので、あとから矯正できるものではありません。手首が柔らかくて強いバッターは、理想的なスイングを身につけやすくなるからね。

当時を振り返る八重樫氏 photo by Hasegawa Shoichi当時を振り返る八重樫氏 photo by Hasegawa Shoichi ――技術的な欠点などは、この時点ではある程度は目をつぶって、潜在能力を評価するのですか?

八重樫 それはケースバイケースかな。スイングを見た時に「あっ、これは直せるな」「これは直せないな」「これはいじってはいけないな」というのは、本当に千差万別。最初はスカウトの判断だけど、獲得後には監督、コーチたちともミーティングを重ねて、「このままでいこう」とか「ここは矯正しよう」と決めていくから。