2019.04.03

吉川尚輝が開幕から絶好調。巨人の
「セカンド固定」問題に終止符を打つ

  • 佐久間秀実●取材・文 text by Sakuma Hidemi
  • 猪岐沙矢佳●撮影 photo by Inomata Sayaka

 そんな吉川は、独自の視点から道具を選んでいる。広い守備範囲で際どい球も捕球するグラブは、「ボールをしっかり捕って投げたいので、(捕球するポイントが)深めなもの」を装着。スパイクに関しても、フィット感、クッション性、軽量性などにこだわる選手が多い中、「僕はそんなにこだわってはいないですね。自分にとってしっくりくる感覚を大切にしています」と語る。

プロ入り3年目の今シーズンに向けた意気込みを語る吉川 バットについても、新シーズンに向けて改良をしたようだ。

「バットは少し型を変えました。オフ期間中にバット工場に足を運び、重さを変えるなど工夫をしました。シーズン通して同じものを使う予定です」

 手に入れた理想のバットで「しっかりと自分のスイングをして、芯で捉える」ことを意識し、昨年を上回る安打数を目指す。第3次原政権の新リードオフマンとしてのプレッシャーもあるだろうが、頼もしいチームメイトの存在が吉川を後押しする。

「自分の後ろにすごい選手がたくさん控えていますから、僕は『自分のやるべきことをやるだけ』と思って、いつも打席に入っています」

 今年のチームは2番・坂本勇人、3番・丸佳浩、4番・岡本和真と強打者が控えているだけに、1番・吉川のチャンスメイクが勝利への大きなカギになる。ファンから「スピードスター」と言われることには少し照れを感じているようだが、「盗塁がすべてではなく、二塁を狙ってチャンスを広げること」を考え、「これ以上足が速くなることはないと思いますが、いかに次の塁まで無駄なく、速くいけるかを突き詰めたい」と意気込む。

 守備についても、二遊間を組む坂本とポジショニングについて話し合い、試合中に移動するなどして連携を高めているという。巨人にとって長らく課題とされていたセカンドに吉川が定着すれば、投手陣にとっても心強いだろう。

 今シーズンの活躍次第で、来年に控える東京五輪メンバー入りも見えてくるが、「先のことはわからないですし、目の前の試合に集中していくだけです。まずは1年間、一軍に残ってチームに貢献することですね」と言うように、シーズンを通して戦い抜くことが当面の目標だ。

「いい緊張感の中でオープン戦を戦えましたし、あとは1日1日をチームの勝ちにこだわってやっていければと思っています。自分のプレーをファンのみなさんに観てもらい、チームとしては優勝できるように頑張りたいです」

 日に日に高まる周囲の期待を背に、飛躍を誓った吉川。巨人のリーグ優勝、7年ぶりとなる日本一の奪還へ、若きスピードスターはシーズンを駆け抜ける。

関連記事