2016.12.07

ドラ1位・田中正義の剛球を受けて感じた
「リリーフなら無敵では?」

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Kyodo News

 ただ、先発としての田中は相手にとって本当に怖い存在なのか? 先発として見たとき、いくつかの不安がつきまとうもの事実だ。

・2巡目以降、打者を翻弄させられるだけの球種はあるのか?

・走者の進塁を阻止するけん制やクイックの技術は万全なのか?

・尻上がりに調子を上げ、相手打線の意欲を喪失させる心身のスタミナはあるのか?

 当然、野球に対してストイックな田中のことだから、ひとつひとつクリアしていくだろう。しかし、プロの世界はひとつでも不安や弱点があれば、一気につけ込まれる。田中の場合も、その危険がまったくないとは言い切れない。

 逆にリリーフとして、1イニング限定でマウンドに上がったらどうだろうか。まず、相手にとって最も嫌なのが"敗北感"だ。たとえば、変化球に体勢を崩された凡退なら、繰り返さないための手がある。しかし、真っ向勝負の剛球に圧倒されての凡退は、打者の心を打ち砕いてしまう威力がある。

 ドラフト直前に田中の剛球を受けたのだが、ど真ん中でもミットを止めるのがやっと。コーナーいっぱいに突き刺さってくるストレートは、ミットごと吹っ飛ばされそうな迫力がある。とんでもなく強い球だった。

 たまに高めに抜けるような球がくるのだが、おそらく打者はボール球と判断しつつも勢いに押されてバットを出してしまう。そんな場面が想像できる。